実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳

夏休み冬休みの宿題に役立つ、身近な材料を使って簡単にできる実験や自由研究の各テーマを紹介しています。なぜを楽しくおもしろく科学の不思議を探検しましょう。

小学生向け

甘酒を作る実験

更新日:


研究の動機
デンプンの分解と糖類の関係はどうなの?
微生物の働きはどのように進むの?

微生物のはたらきによるでんぷんの分解作用を考えます

1リットルペットボトル1本弱の量の甘酒を作ります。

材料

材料

  • 米1.5合(200g)
  • 日本酒少々
  • 米麹「白雪印こうじ(乾燥)」200g
  • ミネラルウォーター0.6リットル

道具

道具

  • 糀屋本店 タニカ電器製 ヨーグルティアS
  • 1.0リットルの炭酸飲料水用のペットボトル(コーラなど)
  • ジョウゴ
  • 温度計
  • アルコール

実験

実験

1.米を30分間よく洗い(とぐ)、60分程水きりをします。炊飯器におちょこ1杯程度の「お酒」を加えて炊きます。
2.お米が炊きあがったらヨーグルティアのポリ容器の中に移します。(あらかじめポリ容器を消毒しておきます)
3.冷えたミネラルウォーター0.6リットルをご飯と混ぜながら少しずつ注ぎいれます。
4.59度くらいまで冷まします。温度計で確認してみてください。
5,米麹200gを入れて、スプーンなどで混ぜます。
6.内蓋、外蓋をしてヨーグルティア本体に入れます。
7.温度を59℃、時間を10~12時間にセットし、発酵させます。
8.開始3~4時間後頃、1度かきまぜて下さい。むらがなくなり発酵が促進します。
(保存方法) 
1.ビン等に移し替え、冷ました後必ず冷蔵庫で保存し1週間程度で飲みきります。

まとめ

まとめ

3.で、ヨウ素ヨウ化カリウム溶液(学校の先生に相談してもらう)を用いてでんぷんの確認をします。青色に変色しでんぷんがあることを確認しました。

仕込みから3時間目
発酵が進み2層に分かれました。下部は米粒、上部には麹が浮き上がりました。
このままだと、発酵の進展が遅いので、消毒したスプーン等で優しく攪拌しました。

仕込みから5時間目
全体的に粘性化が進んできました。香りは更に良くなり、甘い匂いが確認されます。順調な証拠です。

仕込みから10時間目
完成です。ヨウ素ヨウ化カリウム溶液を用いてでんぷんの確認をします。青色に変色しません。すべて糖分に変化しました。

参考にしたURL:https://www.ikedayamiso.com/html/page3.html#howtoama3

-小学生向け

Copyright© 実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.