実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳

夏休み冬休みの宿題に役立つ、身近な材料を使って簡単にできる実験や自由研究の各テーマを紹介しています。なぜを楽しくおもしろく科学の不思議を探検しましょう。

中学生向け

葉脈標本を作る実験

更新日:


研究の動機
葉っぱの栄養が運ばれる仕組みを知りたい?
植物の毛細血管はどんなもの?

葉脈だけを取り出してみましょう

いらない葉肉をアルカリで溶かすことで、葉脈を残します。

準備するもの

準備するもの

  • 水酸化カリウム20%溶液
  • 塩酸10%溶液
  • オキシドール
  • ビーカー500ml
  • 歯ブラシ
  • ビニール手袋
  • モクセイの葉など硬い葉
  • ヒイラギの葉
  • 新聞紙

実験

実験
1.ビニール手袋をし、水酸化カリウム60gを水300ccの中に少しずつ加えて溶かします。発熱しますので注意しましょう。順序は水300ccを用意して水酸化カリウム60gを少しずつ加えます。水酸化カリウムに水を注がないようにしてください。目に絶対入らないようメガネをしましょう。
2.葉を水酸化カリウム20%水溶液で20分くらいごく弱火で煮た後、ビニール手袋をし、水洗いしながら葉肉を歯ブラシで落とします。葉肉が取れにくいときはもう一度煮ます。

3.塩酸10%溶液に1~2分浸して中和し、その後充分に水洗いします。
4.オキシドールに1~2分浸して漂白し水洗いします。
5.新聞紙に挟んで乾燥させた後、台紙に張って標本を作ります。

まとめ

まとめ
太い葉脈は枝分かれして細い葉脈となり、さらに枝分かれして網目状になることが分かった。葉脈の展開のしかたには、ひとつのルールがありそうだが、よく見ると、葉脈の形は同一のものはなく一枚一枚違うことが分かった。葉脈をとおして必ずつながり栄養が運ばれてゆくことが分かった。今後、インクや染料を用いて染色してみたい。

参考にしたURL:https://site.ngk.co.jp/lab/no26/exam.html

-中学生向け

Copyright© 実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.