実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳

夏休み冬休みの宿題に役立つ、身近な材料を使って簡単にできる実験や自由研究の各テーマを紹介しています。なぜを楽しくおもしろく科学の不思議を探検しましょう。

小学生向け

なぜポップコーンは、はじけてポップコーンになるのか?の実験

更新日:


研究の動機
はじける様子ををもっとじっくり見たい
何倍にふくらむの?

見えるように耐熱ガラスビーカーを用いて作ってみましょう

仕組み

仕組み
ポップコーン用のとうもろこしの粒(爆裂種)は、中心部に水分が多く柔らかいでんぷんがあり、その外側を硬いでんぷんが包んでいます。これを加熱すると、柔らかいでんぷんに含まれる水分は水蒸気になりますが、外側が硬いでんぷんで被われているため、内部の圧力は次第に高まります。さらに加熱を続けると、ついに内部からの水蒸気の圧力に耐えきれず、外側の硬い部分が破裂します。こうして、ふっくらとしたポップコーンができあがるのです。

準備するもの

準備するもの

  • 石油ストーブ(反射式または対流型)ガスレンジで行う場合はノンアスベスト金網
  • 500ml 耐熱ガラスビーカー 1個
  • ポップコーン用コーン 大さじ約1杯
  • サラダ油(バターでも可) 大さじ約1杯
  • 塩(少々)
  • キッチン用アルミ箔
  • カッターナイフ
  • 軍手

実験

実験
1.大さじ約1杯のポップコーン用コーンを入れます。入れすぎないようにしましょう。
2.熱の伝わりをよくするためのサラダ油を大さじ約1杯、味付けのための塩を少々加えます。
3.ビーカーの上部をアルミ箔で包みます。
4.ビーカーを石油ストーブの上に置き、20~30分加熱します(火力の強弱によって加熱時間は違ってきます)。
5.ポンポンとはじける音が止まったらできあがり。ビーカーを冷まし、軍手をはめてアルミ箔をカッターナイフで切り開きます。

まとめ

まとめ
ポップコーンがはじける様子が見えた。一瞬で大きくなるのが分かった。約30倍くらい大きくなった。
普通のコーンでも乾燥すると固くなるので、同じように出来るのではないかと思い試したい。

参考にしたURL:https://site.ngk.co.jp/lab/no53/index.html

-小学生向け

Copyright© 実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.