実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳

夏休み冬休みの宿題に役立つ、身近な材料を使って簡単にできる実験や自由研究の各テーマを紹介しています。なぜを楽しくおもしろく科学の不思議を探検しましょう。

生きもの

ブタの眼球を見てみよう!の解剖実験

更新日:


研究の動機
目はどうやって見ているのでしょうか?

勉強をやりすぎて目がかすむようになってしまった!どうして?

準備するもの

準備するもの

  • ハサミ
  • 両刃カミソリ
  • ピンセット
  • ステンレストレー
  • 定規
  • 使い捨て手袋
  • 豚の目

【参考資料】

実験

実験
1.初めに皆で合掌。ハサミを使用し、周辺部の筋肉や脂肪を取り除く。刃物でケガをしないよう十分注意すること。
2.視神経の位置から、右目か左目か判断する。(角膜を左に向けて置いた時、視神経が右下に向いていれば右目。)目玉の直径(長短)と角膜の直径を定規で測ってプリントに記録する。
3.角膜に対して平行に切り込みを入れ、目を2つに切り分ける。水晶体を切らないように、強膜に沿って横に切る。
4.網膜(内側の黒い部分)をピンセットでつまんでみる。
5.水晶体・毛様体・ガラス体を取り出す。水晶体・チン小帯・毛様体のつながりを観察する。

6.水晶体を取り出し、プリントの文字の上に置く。文字はどう見えるか。→大きく見える
 さらに水晶体をやさしく指でつまみ、感触を確かめる。→弾力がある
 

まとめ

まとめ
動物は、えさを見つけたり敵から逃れたり、生活に適した環境をさがしたりするために外界の様子を知る必要があります。高等動物になるにつれて感覚のための特別な器官が備わり、鋭敏な感覚のしくみをもつようになります。中でも眼は動物にとって重要な感覚器官です。
ブタの目の解剖をし、各部分の観察をとおして目の構造について理解を深めることができました。

参考にしたURL:https://plaza.rakuten.co.jp/cerestia/2016/

-生きもの

Copyright© 実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.