実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳

夏休み冬休みの宿題に役立つ、身近な材料を使って簡単にできる実験や自由研究の各テーマを紹介しています。なぜを楽しくおもしろく科学の不思議を探検しましょう。

中学生向け

朝ご飯抜きだとパワーが出ないのはなぜかな?自由研究

更新日:


研究の動機
なぜ朝ご飯は大切なの?
「熱やエネルギー」のもとって何だろう?

準備するもの

準備するもの

  • ビーカー
  • メスシリンダー
  • 温度計
  • クリップ
  • ピーナッツ

実験

実験
1.ピーナッツ1粒のグラム数をはかり、クリップを用いて針金で固定します。
2.灰皿などにセットします。
3.ビーカーに水25gを入れて用意します。
4.温度計をセットして水温を測ります。

5.ピーナッツに火をつけて燃やします。

6.ビーカーを火にかざし、水を温めます。
7.水の温度は何度あがるのでしょうか?記録します。

まとめ

まとめ
ピーナッツ0.95gで、水温は20℃から85℃まで上がりました。
25gの水を1℃上げるには、25cal必要になります。
つまり、ピーナッツ1g当りの発熱量は(85-20)×25/0.95g=1,710cal/gということになります。
ピーナッツ1個で水を高温にするほどのエネルギーがあることを知り、驚きました。食品の持つエネルギーの大きさと、だからこそ1日の活力の源としての朝食をきちんと摂ることの大切さを実感することができました。また、そのエネルギーをとり過ぎると生活習慣病をまねきやすい事を知りました。

参考にしたURL:https://phys-edu.net/wp/?p=1881

-中学生向け

Copyright© 実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.