実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳

夏休み冬休みの宿題に役立つ、身近な材料を使って簡単にできる実験や自由研究の各テーマを紹介しています。なぜを楽しくおもしろく科学の不思議を探検しましょう。

小学生向け

切れ端野菜の栽培、その成長の観察実験

更新日:


研究の動機
普段捨ててしまいがちなニンジン・大根などのヘタが再生するって本当?

青ネギ・豆苗などの根っこを水に浸けて栽培できるの?

再生野菜

普段捨ててしまう野菜の根っこやヘタの部分を使うので、わざわざ種や苗を買う必要はありません。水耕栽培なので土も不要! 皿やコップ、タッパーなど、家にあるものがそのままプランターとして使えて、手の届きやすいキッチンの小スペースで育てられます。

準備するもの

準備するもの

  • 豆苗
  • カイワレ大根
  • ブロッコリースプラウト
  • レッドキャベツスプラウト
  • 小松菜
  • 水菜
  • ネギ
  • 大根
  • ニンジン
  • 芽キャベツ
  • スポンジ

実験

実験
1.野菜は根元の部分を残してカットします。大根やニンジンは葉の部分が再生するので、ヘタ部分を少し厚めに切って残しておきます。
2.切った野菜を適当なタッパーや容器、コップに入れて、水を張ったら準備完了! 豆苗は容器に入った状態で売られているので、移し替えたりせずにそのまま育てることもできます。

3.ネギや小松菜など縦に伸びていく野菜は、「スポンジ」の中央に穴をあけて入れ込むと、倒れずに育ち、水の取り換えのときにも便利です。
4.直射日光が当たらない、日当たりの良い場所に置いて育てる。
5.野菜全体を水浸しにしない、少量でOK。
6.水は1日1回取り替える。
7.カビや異臭が発生したら捨てる。

まとめ

まとめ
水を替えたり観察したりするうちに、野菜に愛着が生まれ、日々の成長が楽しみになりました。最初は「再生野菜」にあまり興味のなかった親も、短期間でみるみる成長する野菜に興味深々でした。 水替えをうっかり忘れてしまう日もありましたが、たくましく育ってくれて、毎日どのくらい野菜が成長しているのか、観察するのが楽しみになりました。

さらに、収穫した再生野菜は、どの野菜も家族に大好評だったということも驚きの発見でした。

参考にしたURL:https://iko-yo.net/articles/3184

-小学生向け

Copyright© 実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.