実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳

夏休み冬休みの宿題に役立つ、身近な材料を使って簡単にできる実験や自由研究の各テーマを紹介しています。なぜを楽しくおもしろく科学の不思議を探検しましょう。

小学生向け

水中シャボン玉のできる条件を探る実験

更新日:


研究の動機
水中シャボン玉のできる条件ってあるの?
沈む水中シャボン玉をつくりたい!
色のついた水中シャボン玉をつくりたい!

洗剤の濃度がポイントです

仕組み
水に水てきを落としても、空気のまくでおおわれた玉はできない。水は水分子という小さなつぶからできていて、「表面張力」という力でおたがいを引ひっ張ぱりあっている。その力で玉は、できる前にこわれてしまうんだ。
でも、水に洗せんざいを入れると、その「表面張力」が小さくなるので、空気のまくがこわれにくくなり、水中シャボン玉ができるんだ。

準備するもの

準備するもの

  • トールビーカー500mL
  • ストロー
  • 合成洗剤
  • 水性絵の具

実験

実験
1.ビーカーに350mLの水を入れ、合成洗剤をまず20滴入れ静かにかき混ぜます。
2.ストローを10センチメートルくらいの長さにします。曲がる部分があるときは切り落とします。先をななめに切ります。
3.ストローの先を数センチメートルシャボン液えきの中に入れてから、もう一方の先を指でふさぎます。

4.ストローの先を指でふさいだまま、シャボン液えきから数センチメートル上に出します。
5.ストローの先をふさいでいた指をはなすと、中のシャボン液えきが落ちてシャボン液の中にシャボン玉ができます。
6.合成洗剤の量を5滴、10滴、15滴、25滴、30滴、35滴、40滴と変えて水中シャボン玉のできやすさを比べます。
7.別のビーカーに、一番水中シャボン玉のできやすかった滴数で、水性絵の具を溶かします。そして冷蔵庫で冷やします。
8.1.のビーカーに色を付けて冷やしたシャボン液を落とします。すると沈みます。
9.落とす高さも変えて実験します。
10.ストローの切り口の大きさを変えて実験します。

まとめ

まとめ
今回使った合成洗剤では、20滴で実験すると最も水中シャボン玉のできがよかった。また、色を付けて冷やしたものは下に沈みました。重さが重くなったと思います。

参考にしたURL:https://mizuiku.suntory.jp/kids/research/j3_5_1.html#contentsAnchor

-小学生向け

Copyright© 実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.