実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳

夏休み冬休みの宿題に役立つ、身近な材料を使って簡単にできる実験や自由研究の各テーマを紹介しています。なぜを楽しくおもしろく科学の不思議を探検しましょう。

中学生向け

人工イクラの作り方?実験

更新日:


研究の動機
回転寿司で人工イクラを食べているけどどうやって作るの?
いろんな味付けをしてみたい!

アルギン酸カルシウムが人工イクラです

仕組み
アルギン酸ナトリウムは水に溶けるとマイナスの電荷を持ったアルギン酸とプラスの電荷をもったナトリウムに分かれます。そこに乳酸カルシウムのカルシウムイオンが溶け出すとカルシウムイオンはプラスの電荷を2つ持っていますのでアルギン酸イオンと強力に結合します。このように出来たアルギン酸カルシウムが人工イクラです。

準備するもの

準備するもの

  • アルギン酸ナトリウム
  • 乳酸カルシウム
  • 食用色素
  • スポイト
  • ビーカー100mL2個
  • ガーゼ

実験

実験
1.アルギン酸ナトリウムを10g/30mLくらいの割合で溶かします。(昆布成分なので根気よく混ぜます)
2.食紅を入れ色を付け、塩などで味けします。
3.乳酸カルシウムを10g/60mLくらいの割合で溶かします。
4.スポイトでアルギン酸ナトリウム溶液を吸い上げ、乳酸カルシウム溶液に1滴ずつたらします。

5.ガーゼでこしとり完成です。

まとめ

まとめ
本物みたいにできました。ただ、まん丸につくるには工夫が必要だと分かりました。また、粒の大きさを大きくする工夫が必要だと分かりました。
どうしたら良いかこれからの研究で考えます。また、いろいろな色で試したいと思います。

参考にしたURL:https://www.youtube.com/watch?v=GiYXz5quOOA

-中学生向け

Copyright© 実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.