実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳

夏休み冬休みの宿題に役立つ、身近な材料を使って簡単にできる実験や自由研究の各テーマを紹介しています。なぜを楽しくおもしろく科学の不思議を探検しましょう。

小学生向け

熱気球が浮く理由を実験する

更新日:


研究の動機
なぜ熱気球は浮かぶの?
熱気球はどこまで浮かぶの?

空気が軽くなるという現象

暖められた空気は膨張するというシャルルの法則を定性的に確認します。また空気の密度から物体が浮くための条件を考えます。

準備するもの

準備するもの

  • 高密度ポリエチレン製黒色、厚さ0.017㎜以下、大きさ65×80
  • セロハンテープ
  • ブロア
  • 発電機
  • 水糸
  • ドライヤー

実験

実験
1.ゴミ袋をセロハンテープで張り合わせて、大きな気球にします。
2.気球が飛んでいったりしないため袋に糸をつけます。
3.6〜8月の風のない朝から昼にかけて飛ばす実験をします。
4.ブロアで空気を送り込みます。(小さいものならドライヤーで空気を送り込みます)
5.日に当てしばらく待っていると浮き上がります。

まとめ

まとめ
温められた空気は浮かぶことが分かりました。
地上10mくらい上がったところでそれ以上上がりませんでした。地上10mくらいの空気の重さが同じくらいになったと思います。

参考にしたURL:http://www.hyogo-c.ed.jp/~rikagaku/jjmanual/jikken/omo/omo07.htm

-小学生向け

Copyright© 実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.