実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳

夏休み冬休みの宿題に役立つ、身近な材料を使って簡単にできる実験や自由研究の各テーマを紹介しています。なぜを楽しくおもしろく科学の不思議を探検しましょう。

高校生向け

リチウム電池とは?その分解・材料調達の実験

更新日:


リチウムイオン電池の分解は、発火やけどなど大変危険ですので、
学校の先生等の指導のもと、自己責任でお願いします。事故発生の際は一切の責任は負いません。

リチウムイオン電池の概要

二酸化マンガンリチウム電池は、正極に二酸化マンガン、負極に金属リチウム、電解液には、有機溶媒にリチウム塩を溶解させたものを用いています。
負極に使う金属リチウムは、反応性が極めて高いので、アルミニウム等との合金を用いる場合も多いです。
金属リチウムは水と反応して水素を発生するため、電解液には有機溶媒が使われます。プロピレンカーボネートやγ-ブチロラクトン、ジメトキシエタン等が多く用いられます。また、電解質には、無機や有機の含フッ素化合物や過塩素酸のリチウム塩が用いられます。

分解

1.このリチウム電池を分解してみようと思います。

2.フタを開けます。

3.フタが空きました。

4.中身がある程度出てきましたので引っ張ります。

5.取れました。

6.丸めてあるのを伸ばします。

7.ピンセットでつまんでいるのがリチウムです。

8.黒いのが二酸化マンガンです。

9.リチウムが取れました。

10.リチウムを水に入れてみます。燃えます。

ショートに注意

電解質の溶剤は、引火しやすいので注意してください。

参考にしたURL:https://www.youtube.com/watch?v=HTBekqVK1jo

-高校生向け

Copyright© 実験・自由研究のおすすめ2020|簡単おもしろ科学、化学、理科、工作のネタ帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.